肢体不自由児の入力スイッチにも? バナナやゼリーも押しボタンになる『Makey Makey GO』

手が不自由な人は押しボタンやナースコールのようなスイッチでパソコンを操作することがあります。スイッチの形や種類もいろいろです。

スイッチはたいていミニプラグ端子なので、パソコンと接続するときはスイッチインターフェース機器でUSB変換します。スイッチの on/off 信号を spaceキーやマウスクリックなどのコードにエミュレーションしてパソコンに送信するものもあります。

(参考)
いろいろなAACスィッチの紹介 その2 | Voice4u
自作スイッチと電子おもちゃ – 作業療法士 まーぶる

スポンサーリンク

どんなものも入力ボタンになるスイッチインターフェース『Makey Makey GO』

まずはこちらの動画をどうぞ。

「バナナでピアノ」「顔面パイでセルフィー」と次々と面白いことを披露してくれています。キーボードやマウスが苦手な子もこれなら興味を示すかもしれませんね。電気を通すものであれば、どんなものも入力スイッチになります。

以前も見たことがあるなと思って調べ直したら、同じ「Makey Makey」でした。従来製品は「Makey Makey Classic」と呼ぶそうですが、日本でもネットショップで取り扱っています。

「Makey Makey GO」は Classicよりもシンプルかつ安く価格設定した製品になるようですね。

ボード型だったClassicが、GOではUSBスティック型に。わにクリップの差込口は Classicでは表面裏面で計18箇所だったのが、GOでは1箇所のみです。

Classicでは差込口によって spaceキー/矢印キー/マウスクリックなどのエミュレーションコードが異なりましたが、GOでは歯車マークのボタンを押すごとにコードを切り替えるようです。

2015年11月に出荷開始予定。クラウドファンディングサイト Kickstarterでは何と1時間で目標額に達したそうですよ。

Enterキーを強く叩く癖がある人、ゼリーにクリップを挿して使ってみてはいかが?

Source:
Smaller, Slicker Makey Makey Go Launches For $19 | Make:
Makey Makey GO: Invent Everywhere, Invent Now! by Jay Silver | Kickstarter

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク