海外CM 一覧

スポンサーリンク

エイリアンもカースタントも間抜けになっちゃう!? フォルクスワーゲンの面白CM

インディーズ映画風の海外CM。ハリウッド映画でお馴染みのシーン、ホラーもカーアクションもフォルクスワーゲン車を使うと違ったオチになるそうで…。

記事を読む

手話のみ、感動一切なし!コメディタッチで描く障がい者主演のCM

イギリスのチョコレート菓子のCMより。ろうの女優2人が手話でテーブルトークするという、字幕なしのCMがリオパラリンピック放送の合間に流れて話題を呼んでいます。

記事を読む

総勢100人以上で《♪Yes I Can》、リオ・パラリンピックCM『We’re The Superhumans』

英テレビ局 Channel 4による、リオ・パラリンピック放送の告知CM。両腕欠損のドラマーなど障害のあるミュージシャン、スポーツ選手、市井の人など総勢100人以上が軽快なジャズに乗せて登場します。

記事を読む

マタニティマークが近づくと優先席のライトが光る『Pink Light – 妊婦さんに配慮を』

韓国・釜山広域市による、妊婦への配慮を促すキャンペーン企画。優先座席の近くに妊婦が立っているとライトが点灯するので、座っていた人はすぐに席を譲るようになります。

記事を読む

VRゴーグルをはずせば、よりリアルな犬ぞりツアーをバーチャル体験!?

NORTH FACE(ノースフェイス)が韓国のショッピングモールで仕掛けたドッキリCM。VRゴーグルをかけるよりもリアルな疑似体験とは?

記事を読む

車内で笑顔が伝染。ベルギーの「笑う男」

地下鉄車内に笑いが伝染してハッピーな雰囲気に包まれたという海外のCMです。見ているだけでこっちもニコッとしてしまいます。

記事を読む

視覚障がい者も笑顔に笑顔で返せるアプリ『LISTERINE® Smile Detector』

顔認識で笑顔を検出するアプリはすでにいくつかありますが、「Smile Detector」は笑顔が見えなくても感じることができるという、ちょっと意外な用途のアプリです。

記事を読む

時速100キロのドライビングを60人の視覚障がい者が体験

スペインより。60人の視覚障がい者がサーキットでドライビング体験をしたという話です。インストラクターが助手席に乗って音声サポートしています。

記事を読む

フォルクスワーゲンのベビーカー?

フォルクスワーゲン・オランダ社が自動ブレーキ&ACCアダプティブクルーズコントロール機能付きベビーカーを試作したようです。果たして出来栄えはどうでしょうか?

記事を読む

微笑ましいね。ネスカフェ、信号待ちの人に『Instant Connections』

ドイツの街なかで撮影されたショートムービー。ネスカフェが信号待ちの人に提供したものとは何だったのでしょうか。

記事を読む

70台の車いすが駐車場ジャック!メディアも殺到、マナー向上キャンペーン『Parking Wheelchairs』

身障者用駐車場マナー向上キャンペーンが次々と出てきますが、たまにはドライバーを困らせる手法も一考かもしれません。

記事を読む

違法駐車で車いすが通れない時はこう教える!? 海外CM『The Ramp Lesson』

ブエノスアイレスのCMから。横断歩道の段差スロープをふさいで車を止めていると、ドライバーはこんなレッスンを受ける羽目になる!?

記事を読む

点字のネームボトルはどうやって作っているのだろう?『Coca-Cola Braille』

コカ・コーラの「ネームボトル」の点字版。缶ビールの飲み口にある刻印と違って、一つひとつ違う名前をどうやって印刷しているのでしょうか。

記事を読む

ホログラムの車いす男性が警告! 身障者用駐車場マナー向上キャンペーン『More than a sign』

ロシアの非営利団体によるマナー向上キャンペーン。なかなかユニークです。また、日本のパーキングパーミット制度についても話題に触れています。

記事を読む

ちょっと笑えた、家族のコミュニケーションアップに「Pepper Hacker」

「ごはんの時はスマホをやめなさい!」・・・こんな時はDolmioのペッパーミル「Pepper Hacker」が解決します(?)

記事を読む

手話言語条例がひろがれば、あのドッキリCMも現実に?

聴覚障がいの男性にドッキリを仕掛けるCMが話題となっています。一方で、手話言語法制定に関する意見書がほとんどの地方議会で出されたり、先行して条例をつくる自治体が現れたりと、手話の普及に向けた動きが全国各地で広がっています。

記事を読む

スポンサーリンク