視覚障がい 一覧

スポンサーリンク

地元ブラジルのおしゃれな視覚障がいランナーにも注目!リオパラリンピック

ブラジルのテレジーニャ・ギリェルミーナ選手。女子100m(T11)の世界記録保持者ですが、オシャレな出で立ちで観客をも楽しませてくれます。

記事を読む

タッピング棒の代わりにスマート水泳帽『Blind Cap』

視覚障害の水泳選手のために、タッピング棒で叩く代わりに、Bluetoothワイヤレス技術を使って選手にターンやフィニッシュの合図を送るという試みがあります。

記事を読む

ウィリー・ネルソンがレイ・チャールズにチェスで勝てなかった話

ウィリー・ネルソンによる思い出話。レイ・チャールズにチェスで負け続けた伝説の話を、アニメを交えた動画で。

記事を読む

指輪が白杖!? 超音波センサーで障害物を検知するウェアラブルデバイス『Live Braille』

視覚障がい者の歩行支援デバイス。超音波センサーと触覚フィードバック技術により、障害物に早く気づき、より速く歩けるようになるという指輪型ウェアラブルデバイスです。

記事を読む

どこでもタッチタイピング!? キーがないウェアラブルキーボード『Tap Strap』

メリケンサック型のBluetoothワイヤレスキーボード。スマホやタブレットを操作するのに文字キーを見る必要がないので、特に視覚障がい者にとって便利になるかもしれません。ただし独特なタイピングです。

記事を読む

レゴブロックのような点字の積み木『Braille Bricks』

ブラジルの非営利団体がプロモーションしている知育玩具。レゴブロックのポッチを点字に見立てることで、目の不自由な子も遊びながら点字を覚えることができます。

記事を読む

盲ろう者や視覚障がい者も一人で外出できるナビゲーションベルト『feelSpace Navigationsgürtel』

ドイツの feelSpace社が視覚障がい者のためのナビゲーションベルトを開発しています。10年間の大学での研究を経て起業した会社で、早ければ今年中に実用化されるかもしれません。

記事を読む

頭にぶつからず歩ける!? 視覚障がい者用ヘッドバンド『Sentiri』

米国の Chaotic Moon Studios社が開発しているプロトタイプシステム。視覚障がい者のためのヘッドバンド型歩行支援デバイスです。

記事を読む

視覚障がいランナーの伴走にドローン!?

米国ネバダ大学で開発されているプロトタイプシステム。陸上競技場のトラックレーンを視覚障がいランナーが伴走者なしで走れるよう、ドローンがガイドするというものです。

記事を読む

周りの環境が音で分かる!? 視覚障がい者のための眼鏡型ウェアラブルデバイス『Eyesynth』

小型カメラが捉えた映像をリアルタイムで3Dデータ化し、これを音に変換して視覚障がい者に物の形や奥行きを伝えるシステムです。

記事を読む

視覚障がい者もフリーハンドで描いたり消したりできるスケッチボード『inTACT Sketchpad』

ペンで書くと筆跡が凸状に浮き上がる、レーズライターのような筆記用具セットです。

記事を読む

古典絵画に触れて感じてもらう、視覚障がい者のための3Dプリント・アートプロジェクト

目の不自由な人に芸術に触れる機会を提供するアートプロジェクト。著作権的に問題のない絵画を3Dプリントデータ化することで、視覚障がい者も名画を鑑賞できるようになります。

記事を読む

視覚障がい児も遊べるPCゲーム、LeapMotionジェスチャーでテーブルテニス

LeapMotionの3Dコンテンツを競うコンテストに、視覚障がい児向けPCゲームがエントリーされていました。

記事を読む

IBMとCMU、視覚障がい者ナビアプリ開発者向けのコグニティブ・アシスタンス・ツールを公開

IBMとカーネギーメロン大学が共同開発した、スマホアプリ開発者向けの製作ツールキット。視覚障がい者用のナビゲーション支援アプリの開発が容易になるというものです。

記事を読む

でか字とハイコントラストで非常に見やすいAndroidスマホアプリ『Claria Zoom』

弱視者や高齢者向けの Android統合アプリ。電話やメールなど主要なアプリを自前で揃えてアクセシブルな環境を実現しています。

記事を読む

ただの拡大読書器ではない!? 中心暗点でも見える弱視者用デジタル眼鏡『eSight』

ゴーグル眼鏡型の拡大読書器ともいえる製品。視力障害だけでなく、視野障害の方にも使用できる可能性があります。

記事を読む

視覚障がい者の正面や上方の障害物を検知するウェアラブルクリップ『BuzzClip』

目の不自由な方が白杖を持って歩いていても、街路樹の枝や吊り看板に頭をぶつけてしまうことがあります。この問題を解決するため、超音波で正面や上方の障害物を検知するウェアラブルデバイスが新たに登場しました。

記事を読む

視覚障がい者のためのミニマルなAndroidスマートフォン『BlindShell』

チェコの会社が開発したミニマル・インターフェースのスマートフォン。スクリーンリーダーはもちろん、アプリケーションも独自開発のものが用意されています。

記事を読む

3Dプリントで視覚障がい従業員のポカミス防止

アメリカの3Dエンジニアリング会社のWebサイトに、視覚障がい者の就労に3Dプリンターが役立ったというユーザー事例が紹介されています。

記事を読む

視覚障がい者も笑顔に笑顔で返せるアプリ『LISTERINE® Smile Detector』

顔認識で笑顔を検出するアプリはすでにいくつかありますが、「Smile Detector」は笑顔が見えなくても感じることができるという、ちょっと意外な用途のアプリです。

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3