支援技術 一覧

スポンサーリンク

車いすに乗ったままでスキューバダイビング

ロシアの障がい者ダイバーが車いす用のスクリュープロペラを発明。シンプルな操作ながらも水中での移動距離が広がるようです。

記事を読む

タッピング棒の代わりにスマート水泳帽『Blind Cap』

視覚障害の水泳選手のために、タッピング棒で叩く代わりに、Bluetoothワイヤレス技術を使って選手にターンやフィニッシュの合図を送るという試みがあります。

記事を読む

3Dプリンター製の水陸両用義足で下肢切断者に水泳の楽しみを

ニュージーランドの学生が製作した水泳用義足が動画で公開されていました。スイム用とプールサイドを歩くとき用の両方に対応した義足です。

記事を読む

車の改造不要! ニコドライブの車いすユーザー用ポータブル手動運転装置『ハンドコントロール』

足の不自由な人が自動車を運転する時にブレーキやアクセルを手で操作できる手動運転装置。これまでは車を改造する必要があった手動運転装置ですが、ニコ・ドライブの「ハンドコントロール」は簡単に取り付けできるようになっています。

記事を読む

指輪が白杖!? 超音波センサーで障害物を検知するウェアラブルデバイス『Live Braille』

視覚障がい者の歩行支援デバイス。超音波センサーと触覚フィードバック技術により、障害物に早く気づき、より速く歩けるようになるという指輪型ウェアラブルデバイスです。

記事を読む

ガス圧チェアのようにワンタッチで座面昇降できる軽量手動車いす『Elevation』

カナダの PDG Mobility社が開発した手動車いす。ガス圧チェアのように、車いすに乗りながらレバー操作で座シートの高さや背もたれの角度を変えられます。

記事を読む

どこでもタッチタイピング!? キーがないウェアラブルキーボード『Tap Strap』

メリケンサック型のBluetoothワイヤレスキーボード。スマホやタブレットを操作するのに文字キーを見る必要がないので、特に視覚障がい者にとって便利になるかもしれません。ただし独特なタイピングです。

記事を読む

自分らしい音声合成の声を探す物語、ボイスバンクの米VOCALiDがアニメCMを披露

話すことができない言語障がい者が利用するVOCA。その音声合成の声をより本人に近づける技術があります。米VOCALiDではドナーの声を使って復元しています。アニメ広告も秀逸です。

記事を読む

盲ろう者や視覚障がい者も一人で外出できるナビゲーションベルト『feelSpace Navigationsgürtel』

ドイツの feelSpace社が視覚障がい者のためのナビゲーションベルトを開発しています。10年間の大学での研究を経て起業した会社で、早ければ今年中に実用化されるかもしれません。

記事を読む

頭にぶつからず歩ける!? 視覚障がい者用ヘッドバンド『Sentiri』

米国の Chaotic Moon Studios社が開発しているプロトタイプシステム。視覚障がい者のためのヘッドバンド型歩行支援デバイスです。

記事を読む

視覚障がいランナーの伴走にドローン!?

米国ネバダ大学で開発されているプロトタイプシステム。陸上競技場のトラックレーンを視覚障がいランナーが伴走者なしで走れるよう、ドローンがガイドするというものです。

記事を読む

周りの環境が音で分かる!? 視覚障がい者のための眼鏡型ウェアラブルデバイス『Eyesynth』

小型カメラが捉えた映像をリアルタイムで3Dデータ化し、これを音に変換して視覚障がい者に物の形や奥行きを伝えるシステムです。

記事を読む

視覚障がい者もフリーハンドで描いたり消したりできるスケッチボード『inTACT Sketchpad』

ペンで書くと筆跡が凸状に浮き上がる、レーズライターのような筆記用具セットです。

記事を読む

これは珍しい、インプラントを使った骨直結型義足のネコ

大腿部が短かったりすると義足の装着が難しいことがあります。比較的最新の技術ですが、骨直結型義足のネコがネットで公開されています。

記事を読む

指先センサーで握力の弱い人も物をつかめるウェアラブルデバイス『SEM Glove』

脊損、脳損傷、リウマチなどによって握力が弱かったり手に力が入りにくい人のために「にぎる」をサポートする、グローブ型ウェアラブルデバイスです。

記事を読む

古典絵画に触れて感じてもらう、視覚障がい者のための3Dプリント・アートプロジェクト

目の不自由な人に芸術に触れる機会を提供するアートプロジェクト。著作権的に問題のない絵画を3Dプリントデータ化することで、視覚障がい者も名画を鑑賞できるようになります。

記事を読む

前足が不自由な犬、義足で飛び跳ねるように走る

義足を付けた犬が飛び跳ねるように走り回っている様子がネットで話題になっています。米国の方ですが日本語ブログサイトもあるようです。

記事を読む

聴覚障がいの生徒も納得!動物園の課外授業ガイドアプリ

オーストラリアのある動物園では、スマホアプリと手話コンテンツを使った課外授業を提供。聴覚障がいの生徒たちも「よく分かる」と好評です。

記事を読む

パーキンソン病患者の吃音を軽減する補聴器型ウェアラブルデバイス『SpeechEasyPD』

自分の声を少し遅れて聴かせることで、早口のために吃音症状のあるパーキンソン病の患者さんもゆっくり喋れるようになるそうです。

記事を読む

シートをスライドして斜面を登りやすくする車いす『Walter』

スウェーデンの大学院生が発展途上国の人のためにデザインした車いす。後輪の車軸でなくシートを動かして重心の位置を移動させます。

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 6