指先センサーで握力の弱い人も物をつかめるウェアラブルデバイス『SEM Glove』

鉛筆を持つ。
ペットボトルのキャップを開ける。

脊損、脳損傷、リウマチなどによって握力が弱かったり手に力が入りにくい人は、このような何気ない動作も難しくなります。

スポンサーリンク

SEM™ Glove

スウェーデンの Bioservo Technologies社が開発した、握力が弱い人のためのグローブ型ウェアラブルデバイス。日本ではエスケーエレクトロニクス社が取り扱っているようです。

SEM Gloveを装着して物を握ろうとすると、親指・中指・薬指の指先にある圧力センサーが反応してモーターが駆動し、ワイヤー(人工腱)が引っ張られて指が曲がるようになるという仕組みです。

製品紹介動画(日本版)はこちら。
動画の1:55経過あたりにSEM Gloveの原理説明があります。

SEM Gloveの場合、握る動作がまったくできない方は圧力センサーが反応せず使えないようです。

同様の開発は

ハーバード大学では、筋電義手のように筋電センサーを使ってグローブ着用者の意図を読み取る「Soft Robotic Glove」が研究開発されています。

日本の産学連携で製品化された「パワーアシストグローブ」もあります。こちらは、手首付近のスイッチ押下により、空気圧で人工筋を曲げ伸ばししています。

Source:
Robotic SEM Glove Powers Weak Hands | Medgadget
Bioservo Technologies

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク