前足が不自由な犬、義足で飛び跳ねるように走る

前足が不自由な犬。
症状にもよりますが、車いすより義足のほうが速く走れるような気がします。

1年ほど前に見た このYouTube動画でも、道路や芝生の上を飛び跳ねるように走り回っている様子がありました。

同じく義足を付けた犬が最近話題になっているようなのでご紹介します。

スポンサーリンク

義足犬デイジー

米国ロサンゼルスの Sheena Mainさんが里親情報サイトで見つけて引き取った、デイジー。先天的に両肘、右肩、腰の関節が脱臼している犬です。

車いすは2年以上使っていたそうですが、背骨に負担がかかっているということで、2015年8月頃より義足を探し求めます。

最初はストラップやクッションがないタイプ、その次が大きくて重そうなタイプと何度か義足を試し、その都度YouTubeサイトにアップされてます。

型取りしているとはいえ、元々前足の筋肉がなく持久力もないので、すぐバランスを崩してしまうデイジー。SNS上でも「義足に移行する必要があるのか」などと批判的な意見が飛び交ったそうです。

現在の様子はこちらの動画の通り。
義足は底の部分を減らして全体的にスリムな形になってます。デイジーも歩く練習を続けたようで、ぴょんぴょんと飛び跳ねるようになっています。しっぽをずっと振り続けていて楽しげですね。

外の散歩に使っている義足ですが、そればかりだと後ろ足の筋肉が衰えるらしく、週に2日は車いすを使っているそうです。

元ネタは英文記事なのですが、Sheenaさんのfacebookページによると日本語ブログサイトも公開されていました。日系の方でしょうか。
義足犬デイジーのhoppyライフ

ちなみに、英文サイト名 UnderbiteUniteの "Underbite"は下の歯が出ていることを指しています。

Source:
Underbite Unite

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク