前足のない犬のために3Dプリンターで車いすを製作、DIYコミュニティサイトに

近所に犬を連れたおばさん3人が談笑しているところをよく見かけるのですが、うち一匹の小型犬は後ろ足が車いすなんです。でも他の犬と同じように動き回っていて、車いすもオシャレで軽そうでした。

ネットで調べてみると犬用の車いすを自作した人は結構います。もちろん製作・販売している会社も各地にあります。

力の弱い犬もスムーズに軽く動かせるようにと、アルミ製のフレームやベアリング入りの車輪などを使っているものが多いようです。

スポンサーリンク

3Dプリンターで製作された犬用の車いす

DIYコミュニティサイト「instructables」に犬用の車いすの作り方が公開されていました。3Dプリンター用データも提供してくれています。

大型犬用と小型犬用のパーツが分かれていますが、車いすの大きさを調整することも可能だそうです。

実際に使ってみた動画はこちら。

人間の車いすと同様、犬にとっても合う合わないがあります。車いすを替えると途端に元気に歩き回るようになったという話も。乗り心地の良い車いすは犬の表情も明るくなるような、本当にそんな気がします。

Source:
Adaptable Wheelchair for handicapped Dogs | instructables

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク