普通に漕ぐだけでスピードを維持する車いす用電動アシスト『SmartDrive MX2』

当ブログでも「Wheelchair Problems(車いすユーザーが困っていること)」で取り上げてみましたが、坂を登ったり芝生の上を通ったりするのは、ほんとにしんどいです。ホテルのふかふかのカーペットも漕ぎにくいことがあります。

電動アシスト自転車の技術を使った、ヤマハ発動機の「車いす用電動アシストユニット JWX-2」を取り付ければ、車いすのハンドリム操作もかなり軽くなります。

車いす用電動アシストというと、ハンドバイクを前面に取り付けるものなどいろいろありますが、今日ご紹介する製品は JWX-2と同様、手動車いすの操作方法そのままです。

スポンサーリンク

車いす用電動アシストユニット「SmartDrive」

Max Mobility社が開発した車いす用電動アシスト装置。日本ではアクセスインターナショナルさんが取り扱っています。

パワーアシストにより、ハンドリムを漕いだ後のスピードをそのまま維持して進んでくれるので、登り坂やカーペットの上を走るときも漕ぎ続ける必要はありません。

ヤマハのJWX-2は後輪を取り替えて装着するタイプですが、SmartDriveは後輪の間にモーター付きの車輪を取り付けるイメージになります。

新モデル「SmartDrive MX2」

MX2では モーションセンサーが内蔵されたワイヤレス・リストバンドが追加され、これを使ってパワーアシストをON/OFFできるようになりました。例えば走行中にハンドリムを叩くとパワーアシストが停止するので、操作がより直感的になったといえるかもしれません。

また、バッテリーユニットとドライブユニットが一体化されて軽量になり、雨の日や水たまりもOKだそうです。

プロモーション動画はこちら。

ドリンクを片手に持ちながら街ぶらするシーン、これをやってみたいと思っている車いすユーザーがいらっしゃるかもしれませんね。一瞬だけど、歩きスマホもあったような。これはお勧めできないけど・・・。

Source:
SmartDrive MX2 | Max Mobility

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク