車いすの子どもたちに壮大なハロウィン・コスチュームを『Magic Wheelchair』

日本でもおなじみとなった10月31日のハロウィン。子どもたちにとっては、仮装したりお菓子ももらえたりと非常に楽しみな日です。もちろん車いすの子どもたちもワクワクしています。

ハロウィンまでまだ先ですが、今日ご紹介する仮装プロジェクトは準備が大掛かりなようです。

スポンサーリンク

ハロウィン仮装プロジェクト「Magic Wheelchair」

車いすの子どもたちにハロウィン・コスチュームを製作・提供している NPOプロジェクトです。

きっかけは数年前のハロウィンの時。Weimer夫妻が自分の子どもの車いすを仮装してパイレーツの船にしたところ、周りの子どもたちから羨望のまなざしを受けます。息子も普段と違って得意気です。

そこで他の車いすの子どもたちにも笑顔を届けたいと、昨年Kickstarterに初登場し資金集めに成功します。その後NPOを立ち上げ、2015年のハロウィンは5人の子どもをビデオ審査で選ぶことにし、再びKickstarterに登場。今年も資金調達に成功しました。

このプロジェクトには、特殊メイクの学校 Stan Winston Schoolも協力しています。スタン・ウィンストンは「ターミネーター」や「ジュラシック・パーク」などの特殊効果を手がけた有名な人ですね。

動画に出てくるDragonは、昨年のKickstarterで資金調達して製作したものだそうです。

車いすならではの壮大なコスチューム。しかも映画に出てくるキャラクターそっくり。周りの子どもも羨ましがっています。仮装コンテストがあれば間違いなく一番でしょう。

今年はどんなコスチュームができあがるのか、新たな映像を期待したいと思います。

LICOPALではこんな記事も書いています。
目の不自由な子どもたちもエッグハント「Beeping Easter Egg」

Source:
The Magic Wheelchair by Magic Wheelchair | Kickstarter
Help Magic Wheelchair Put a Smile on Every Kid in a Wheelchair | GeekTyrant

(Top image courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク