どんな悪路も平気!オフロード仕様の車いすでハイキングやビーチへ『MT Evo』

昔、車いすの友人と一緒にバーベキューに行った時のこと。すでに人がいっぱいで、空いている場所を探したのだが河原しかなかった。駐車場の隅っこで焼肉するかどうかでモメたけど、結局河原にし 4人がかりでワッショイと車いすを担いでいきました。

もちろん楽しい思い出だったけど、その時思ったのが、金髪でアグレッシブな奴なのに車いす生活になるとアウトドアの機会が少ないなぁって。

アウトドア用の車いすといえば、私が真っ先に思い浮かぶのが「HIPPO(ヒッポ)」。

この車いすは中岡亜希さんのブログで知りました。遠位型ミオパチーという筋疾患を患っている方ですが、HIPPOを使って仲間と富士登頂を成功させたりしてます。

HIPPOの魅力 – 富士見高原リゾート

こちらの動画もHIPPOの魅力が分かるのではないかと。HIPPOは 3分30秒あたりから出てきます。

動画に登場している女性は「車いすウォーカー®」の織田友理子さん。この方も遠位型ミオパチーですが、いろいろな車いす体験を映像で公開していて、いくつかのメディアにも取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

今日ご紹介する車いすもアウトドア用です。

スポンサーリンク

アウトドア用の自走式車いす「MT Evo」

イギリスの Mountain Trike 社が新製品を発表しました。

自走式の車いすですがハンドリムを回して動かすのではなく、ボートのオールで漕ぐようなアームポンプ式のハンドルレバーになっています。ステアリングやブレーキもあって、車輪に手を触れずにすみます。

エアサスペンションも付いていて凸凹の多い道も安全かつ乗り心地が良さそうです。

動画はおそらく旧タイプの「Mountain Trike」のようですが主な違いは、旧タイプは自転車のようなブレーキレバーに対し、「MT Evo」は電車のブレーキハンドルみたいな感じになっています。

砂利、山道、水辺、どんな悪路も難なし。見ていて本当に気持ち良さそうですね。

皆に引っ張ってもらうのもよし、自分で動き回るのもよし、とにかく自然を満喫してもらいたいなと思います。

Source:
Mountain Trike – The All Terrain Wheelchair Company
Mountain Trike announces two new off-road wheelchairs | Gizmag

(Top photo courtesy of Pixabay)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします

スポンサーリンク