スポンサーリンク

相乗り移送サービス Access-A-Rideの不満解消に『Alert-A-Ride』

アメリカの Access-A-Rideという相乗り移送サービス。高齢者や身障者にとって便利だが、予約した時間に来ないなど不満もあります。

記事を読む

手が不自由な人もモノがつかめるロボットグローブ『Soft Robotic Glove』

ハーバード大学で開発中のウェアラブル・ロボット。筋ジスや脊髄損傷などにより手指に運動障害がある人の日常生活動作をサポートします。

記事を読む

手を使わずに目でクリック募金『Eye Click Donation for ALS』

ユニークな募金サイトが現れました。重度のALS患者と同じように手を使わずに入力してもらおうというものです。

記事を読む

ミニマルデザインで直感的なマルチリモコン『CUBE』

リモコンといえば細長い直方体に小さなボタンを並べたものを連想するが、「CUBE」は一見してただの六面体です。

記事を読む

発達障がいの聴覚過敏対策になる? イコライザー付きの耳栓イヤホン『Here』

「Here」は発達障がい者向けとは特に謳っていないが、聴覚過敏対策の一つになるかもしれません。

記事を読む

今話題の音楽手話通訳者、名曲「ボヘミアン・ラプソディー」も凄かった!

音楽の手話通訳者 Shelby Mitchusson さんが今話題になっていますが、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」のパフォーマンスもあります。

記事を読む

大きくて重いものはお尻で押すのが一番。人もヒューマノイドロボットも。

ICRA 2015で東京大学情報システム工学研究室が発表したロボットの論文。昔見たバラエティー番組を思い出しました。

記事を読む

眼鏡型デバイスを装着した視覚障がい者を遠隔サポート『guide glass』

視覚障がい者がカメラで写したものを遠隔にいる他者が見て教えてくれるというサービス。眼鏡型ウェラブルデバイスを使ったシステムが登場しました。

記事を読む

一部の聴覚障がい者は必須のワイドミラー、これはワイドすぎる?『Worldview Mirror』

とんでもなくワイドなバックミラーが Kickstarter に登場しました。もちろん自動車事故を減らすために考案されたものです。

記事を読む

Uber配車アプリがアップデート、聴覚障がいのドライバーも働きやすい環境へ

ハイヤー配車アプリ「Uber」がアップデートされるそうです。聴覚障がいのドライバーも働きやすい職場作りが目的です。

記事を読む

インテリアに馴染む究極のデジタル操作パネル!『Nissha Wall Tile』

ニューヨークの家具・インテリアの見本市、ICFF2015に展示されていたコンセプト製品。出品は京都の企業です。

記事を読む

階段も走行できる!カッコいい電動車いすが新登場『Scalevo』

スイスの学生チームが製作した階段も昇降できる電動車いす。小回りが利いて、デザインもシンプルかつスマートです。

記事を読む

車いすで犬の散歩、ここが不便だったんだね『Orochi sciLeash』

Orochi sciLeash は車いすに取り付ける犬の散歩用グッズ。車いすユーザーが感じた不便が開発のきっかけだそうです。

記事を読む

顔認識で家族の名前を言ってくれる、アルツハイマー病など認知症のためのアプリ『Memory Recaller』

スマートフォンのカメラと顔認識システムで家族や親しい人の名前を言ってくれる、初期の認知症の人のためのアプリです。

記事を読む

片麻痺や目の不自由な人にも便利!? 指ジェスチャーでスマートウォッチ操作『Aria』

画面をタップしなくても、指の動きだけでスマートウォッチを操作できるデバイスが近々登場するそうです。

記事を読む

70台の車いすが駐車場ジャック!メディアも殺到、マナー向上キャンペーン『Parking Wheelchairs』

身障者用駐車場マナー向上キャンペーンが次々と出てきますが、たまにはドライバーを困らせる手法も一考かもしれません。

記事を読む

ズボンがドラムになるウェラブル楽器、言語障がい者のVOCAになる!『DrumPants TACS』

太ももを叩いたり足踏みするだけでドラム演奏ができる DrumPants。言語障がい者のコミュニケーション支援ツールにもなるそうです。

記事を読む

聴覚障がい者も安心?誰が来たかスマホでわかるドアスコープ・カメラ『Peeple』

誰かがドアをノックしたり開けたりすると、その人の顔も撮ってスマートフォンに送ってくれるドアスコープ・カメラ。聴覚障がい者にとっても便利かもしれません。

記事を読む

目が見えにくい人が通るときは通りの灯りを明るく『Responsive Street Furniture』

シニアや障がい者、外国人たちのために街灯の明るさを変えたり案内板の情報の流し方を工夫したりと、それぞれの人にそれぞれの対応を行ないます。

記事を読む

突然の道路工事も大丈夫!? 視覚障がい者も安心の迂回路『Sight Line for Roadworks』

イギリスのRoss Atkin Associatesによるデザインプロジェクト。視覚障がい者も安心して通れる、ユニバーサルデザインな迂回路です。

記事を読む

スポンサーリンク
1 4 5 6 7 8 9 10