スポンサーリンク

フィリピンの盲ろうの少年「震災時、救助をずっと待っていた」

フィリピンも地震や台風など自然災害が多い国ですが、盲ろう者やろう者の災害時支援はこれから充実させていくようです。

記事を読む

スマートウォッチ対応!視覚障がい者のための歩行ナビアプリ『ViaOpta Nav』

ノバルティスが開発したスマホアプリ「ViaOpta Nav」。バージョン2.0で Apple Watchと Android Wearに対応したそうです。

記事を読む

ディスプレイ画面に置くだけで立体表現できるモジュール製品『ShapeClip』

タブレットなどの画面に置くだけで平面を立体的に表現できます。立体地形図や迷路ゲームなど用途によっては視覚障がい者も使えるかもしれません。

記事を読む

工事不要!どこにでも取付けできるワイヤレス照明スイッチ『Gecko Switch』

好きなときに好きな場所に取り付けられるという、付箋のような照明スイッチ。壁に釘を打ったり配線工事をする必要もありません。

記事を読む

言葉も話せない完全麻痺の方のコミュニケーションツール『I.am.here』

ロシアの脳卒中財団などが開発したモバイルアプリ。ブレイン・マシン・インターフェースを用いて、患者さんの感情を読み取ります。

記事を読む

仏アニメを見ながらパーキンソン病について少し知ってみる

フランス・パーキンソン病協会によるショートアニメ「パーキンソン病とは何ですか?」。パーキンソン病への社会の理解を深めるために作られたそうです。

記事を読む

視覚障がい者もわかる、ユニバーサルなカラーコード『Feelipa Color Code』

目が不自由でも服のコーディネートを楽しむ人はいるし、おしゃれに無頓着な人でも靴下の左右の色ぐらいは揃えるでしょう。視覚障がい者もわかるカラーコードが提唱されています。

記事を読む

重度障がい児も遊べる!? 脳波でミニロボットを操作『ThynkBot』

「進め」「右へ回れ」などと思い浮かべるだけでミニロボットを操縦できる玩具です。重度障がい児も遊べるかもしれません。

記事を読む

車いすユーザーの困りごとを2分動画で知ってみる

今日ご紹介する動画、車いす当事者が体を張って伝えてくれています。新たな気づきがあるかもしれません。

記事を読む

階段は登れないけど超軽量な盲導犬ロボット『NARVI』

アメリカの学生が作った盲導犬ロボット。階段は登れないけど、軽いので抱きかかえながらも目的地まで進めそうです。

記事を読む

指文字ロボットハンドで盲ろう者の遠隔コミュニケーション支援『Parloma』

目も耳も不自由な人のために点字ディスプレイを使った遠隔コミュニケーションがすでに実用化されているが、指文字を使ったシステムも現在開発中です。

記事を読む

”写真を撮ってもらえませんか”と全盲の方にお願いできる『Tactile Blind Photography』

視覚障がい者も人物スナップ写真を撮れるというAndroidアプリ。タッチスクリーンを触りながら位置を確認でき、写真から見切れることもありません。

記事を読む

微笑ましいね。ネスカフェ、信号待ちの人に『Instant Connections』

ドイツの街なかで撮影されたショートムービー。ネスカフェが信号待ちの人に提供したものとは何だったのでしょうか。

記事を読む

ハンドリムは後ろ回し!肩や腕にもやさしい車いすホイール『Rowheels』

今までの常識とは違い、ハンドリムを後ろに回して前に進める車いすホイールです。車いすをこぐ回数も少なくなり、長時間でも疲れにくいと言われています。

記事を読む

グーグルグラスでパーキンソン病患者の歩行がスムーズに『Moving Through Glass』

ニューヨークの「Dance for PD」のノウハウを取り入れたグーグルグラス専用アプリ。ダンス教室にいる時と同じように、自宅でもリハビリができます。

記事を読む

車いすの子どもたちに壮大なハロウィン・コスチュームを『Magic Wheelchair』

車いすの子どもたちのためのハロウィン・コスチューム製作プロジェクトがクラウドファンディングサイトに登場、資金調達に成功しました。

記事を読む

言語障がい者のためのオープンソースAACデバイス『Dustin’s Words』

自閉症でコミュニケーション障害のある兄のために作ったAACデバイス。多くの言語障がい者のためにオープンソース化したそうです。

記事を読む

英語と違って日本語の自動点訳は100%じゃないという話

米国の盲ろう者向け電話リレーサービスはオペレーターが書き取ったのを点字ディスプレイで読めるそうだが、日本では通訳に点字がわかる人が必要かもしれません。

記事を読む

盲ろう者の情報機器アクセス支援プログラム「iCanConnect」延長決定

2012年から開始し、今月末が期限の「iCanConnect」パイロットプログラム。今後も続けることで決まった模様です。

記事を読む

目も耳も不自由な盲ろう者の電話リレーサービス『CAAG VRS for the Deaf-Blind』

アメリカのCAAGが盲ろう者向けのサービスをテスト中です。一方、日本の電話リレーサービスは公的サービスでなくお寒い状況だ。

記事を読む

スポンサーリンク
1 3 4 5 6 7 8 9 10